バカラで3枚目のカードが配られる条件

バカラで3枚目のカードが配られる条件

バカラでは「条件」と言われるルールによって、通常2枚しか配られないカードに加えて3枚目が配られることがあります。もともと非常に単純なルールのバカラにおいて、この3枚目がバカラをより深いゲームにする要素となっています。

正直、3枚目が配られる条件はややこしいので、本来ならディーラーにお任せしておけば問題ありません。ですが知っておくことによって勝率の予想、プレイの流れを読みやすくなります。ぜひ一読してみてください。

ライブステップの公式HP

3枚目のカードが配られるか否か

ます最初の前提として、そもそも3枚目が配られる条件があります。3枚目はプレイヤー側から先に配られます。3枚目のカードが配られる状態のことを「ヒット」と呼びます。

プレイヤー側に3枚目が配られる条件

①最初の2枚の合計が「5以下」の場合→3枚目のカードが配られる

②最初の2枚の合計が「6か7」の場合→カードは配られない

③最初の2枚の合計が「8か9」の場合(「ナチュラル」と呼びます)→カードは配られない

バンカー側に3枚目が配られる条件

バンカー側で合計値の一桁目が7以上(7,8,9)となった場合、 「スタンド」と呼ばれる状況になり、3枚目のカードは配られません。

例えば、バンカーが2枚目までの合計が7になれば、バンカーはスタンド状態になり、プレイヤーが3枚目まで配られて合計が8になればプレイヤーの勝ちです。

また、バンカー側で合計値1桁目が6以下(0,1,2,3,4,5,6)になった場合、プレイヤー側の合計値次第で、3枚目がヒット(カードが配られる)かスタンド(カードが配られない)か分かれ目となります。

配られる・配られないの例

例えば…

プレイヤー側2枚の合計値1桁目が5以下(5,4,3,2,1,0)で、バンカー側2枚の合計値1桁目が2以下(0,1,2)の場合→双方ともに3枚目のカードが配られます。

プレイヤー側2枚の合計値が5以下で、バンカー側2枚の合計値が3だった場合→プレイヤー側3枚の合計値が8以外なら、バンカー側もヒットなので3枚目のカードが配られます。

プレイヤー側2枚の合計値が5以下、バンカー側2枚の合計値が4だった場合→プレイヤー側3枚の合計値が2,3,4,5,6,7であれば、バンカー側もヒットなので3枚目のカードが配られます。

プレイヤー側2枚の合計値が5以下で、バンカー側2枚の合計値が5だった場合→プレイヤー側3枚の合計値が4,5,6,7であれば、バンカー側にも3枚目のカードが配られ、3枚の合計値1桁目で勝負です。

プレイヤー側2枚の合計値が5以下で、バンカー側2枚の合計値が6だった場合→プレイヤー側3枚の合計値が6,7であれば、バンカー側も3枚目のカードが配られます。

プレイヤー側2枚の合計値が5以下、バンカー側2枚の合計値が7だった場合→バンカー側はスタンドになり、プレイヤー側だけに3枚目のカードが配られます。

…どうでしょうか?最後の方はちょっと難解で混乱するかもしれないので、そこまでちゃんと理解しなくても大丈夫ですが、ある程度でも理解しておけば、よりバカラのプレイが楽しくなると思いますよ。

ライブステップの公式HP TOPページを見る