eスポーツの隆盛と将来性

eスポーツの隆盛と将来性

LUC888はリアルマネーでのギャンブルをするわけではなく、ゲームの中の競技としてバーチャルな「GC」というチップを使ってプレイする「eスポーツ」です。そのため、日本の法に触れずプレイすることができます。

ここでは、eスポーツというものと、eスポーツをプレイして稼ぐことの意味について掘り下げていきたいと思います。

ライブステップの公式HP

eスポーツは世界的に盛り上がっている未来のスポーツ

コンピューターゲームでの対戦を「スポーツ競技」として捉える際の名称であるeスポーツ。そう聞くと、対戦格闘ゲームとかスポーツゲームがeスポーツだと誤解されてしまうかもしれませんが、そうではありません。バカラ配信がeスポーツであるように、多種多様のゲームが該当します。

eスポーツは、世界的には1000億円以上(!)の市場規模だと言われています。アメリカではすでにeスポーツが「スポーツ」として認定されており、プロゲーマーの扱いはプロスポーツ選手と同じようなものです。

競技の模様の配信は、世界中で3億8,500万以上の視聴者がいると言われています。

韓国や中国ほか、アジア圏でもeスポーツは発展しています。その市場規模は日本とは桁違いのものです。巨大IT系企業・コンピュータ技術系企業がスポンサーに付き、賞金も数十億円単位の大会が数多く開催されているなど、我々が思っているよりはるかに進んでいる状況なのです。

日本ではなぜそこまで盛り上がっていない?

日本ではまだそれほどeスポーツの認識度は高くないですよね。

それには理由があり、主に法律的なものです。法整備が諸外国に比べ遅れているために、韓国や中国、シンガポールなどにも遅れをとっているのです。そのため、日本はeスポーツに関しては後進国と言われるほど遅れています。2022年に開催予定のアジア競技大会では、公式スポーツプログラムにも採用されるほどのeスポーツも日本では驚くほど認識されていないのです。

日本でのeスポーツの将来性

eスポーツでは諸外国に比べ大きく遅れを取っている日本ですが、今後はますます盛んになっていくことは間違いありません。大きな企業が次々と力を入れるようになってきており、大きな大会への参加や選手団の設立など、本格的に参入しようとする動きは活発になっています。

今のうちに日本でのeスポーツの流れに乗っておくことは、副業という視点から見ても大いに有用であるということができるでしょう

ライブステップの公式HP TOPページを見る