椅子に腰かける女性

格安店には注意が必要、辛い性病を防ぐために

不況の波に押されて、格安で利用できる風俗店が増えている傾向があります。
濃厚なサービスが格安で受けられる半面、性病に罹患する確率も高まる可能性があることを心に留めておく必要はあります。
格安で柄サービスを提供する性風俗店で働く女性は、一定の収入を得るためには多くの客にサービスをしなくてはいけません。数を稼ぐ必要があるのです。店やオプションの有無によって異なりますが、一般的に男性が店舗に支払うサービス料の半額程度が女性の取り分だといわれています。
そのため、ひとりにサービスをしても5千円に満たない稼ぎにしかならないというケースも少なくありません。
性病検査を推奨している店舗もありますが、女性の意思にまかせている店も多いためとても万全とはいいがたい現状です。
性病は性行為だけではなく、キスやオーラル行為でも感染することもあります。
複数の客と接触するピンクサロンなどは、シャワーもないために性病が蔓延しやすい劣悪な環境であると指摘する声は多いようです。
格安店で遊ぶ場合は性病に罹りやすいと理解しておき、かゆみや痛みなど少しでも症状が出たならばすぐに病院でみてもらうことが大切です。
軽度なうちに適切な治療を行えば短期間で治るはずのものも、放置して病状が深刻化してしまうと辛い状態になる可能性は高いのです。
性病は放っておいて治るものではありません。深刻化するだけではなく他の人にうつしてしまうリスクも高くなるので、「もしかして」と思ったら時間を置かずに診察を受けましょう。
治療に掛かる時間も費用も、軽度のうちに治療したほうが少なく済むということを忘れないようにしましょう。
辛い思いをしないためにも、予防と早期の治療が大切です。

ページの先頭へ戻る