椅子に腰かける女性

性病とビタミンと疲れについて

性病の一つにカンジダがあります。

カンジダになってしまう原因として、疲れがあると言われており、特に仕事のストレスなどが溜まってしまったり、対人関係で緊張状態などが長く続く、このような結果から夜、しっかりと眠れない、眠っても悪夢ばかりを見てしまう、このような場合、かなりの疲れが体にはたまっており、その結果、疲れから性病として、カンジダになってしまうケースなどがあります。

カンジダは性病と言われていますが、幼少の女性、中学生など、性交渉などを一切行ったことのない女性でも、学生さんでも、かかってしまうことは有名なことであり、カンジダになってしまったからといって、とても恥ずかしく思う、罪悪感などを持つ必要性はありません。

カンジダを治すためには、よくしっかりと眠ること、疲れをとること、これらのことがとても大切であると同時に、栄養不足などから、または風邪などから、カンジダになってしまうこともあるため、ビタミンCをしっかりととると、カンジダの症状が良くなることがあります。

また、すぐにカンジダを治したい場合には、抵抗はありますが、女性などの場合には、産婦人科で膣内を見てもらうことで、そこで膣の洗浄をしてもらい、薬を膣に投入してもらうことで、カンジダが完治していきます。

ただ、家に帰った後にも、同じようにお風呂から出た後に、清潔な手で、膣に入れる薬をしっかりと挿入しなければなりません。

また、再発を防ぐためにも、上記のようにビタミンCなど、風邪をひきにくくすることも、とても大切です。

風邪などをひいてしまった場合にも、カンジダが症状として出てくるケースがあり、また生理前にも、カンジダにはなりやすいと言われています。

ページの先頭へ戻る