椅子に腰かける女性

性病は早期治療が鉄則

性病などには、いろいろな種類があり、昔、日本や中国で猛威をふるった梅毒などの病気は、感染元が風俗、今でいう風俗店やソープ店、またはキャバクラ店などであったと言われています。

このような、不特定多数の人との性交渉を行う場合には、病原菌が次々と、性交渉を行う人に渡っていき、その結果、多くの人が性病に苦しむという結果になります。

また、昔の場合には、現在と異なり、このような性病に対する医学的な治療などもなかったことがあり、梅毒により亡くなった人もいるほどです。

このような性病ですが、性病の一つと言われている、カンジダも性病ですが、同時にこれは子供でもかかりやすい病気の1つとなっています。

カンジダがなぜ起きてしまうのか?というと、風邪などを引いたときに、いつもなら風邪の菌をやっつけてくれるものですが、風邪で体がぐったりとしていると、カンジダになりやすいのです。

そのため、性交渉を行ったことのない、中学生や高校生でも、カンジダになることはあり、親御さんとしては心配でしょうが、心配する必要はありません。

このような性病には早期治療が鉄則であり、お子さんが苦しんでいる場合には、女性の場合には、すぐに産婦人科などや婦人科に連れて行ってあげると、すぐに薬などを出してくれます。

ただ、検査などを行うことがあるため、膣内を見られること、そのような検査のために、座りづらい椅子などに座らなければならないこと、恥ずかしいことなどがあることから、かなり抵抗がありますが、それでも、そのまま放っておくと、さらにかゆみなどが増し、治ることはないため、早急に、早期治療が大切であると言えます。

検査の後には、抗真菌薬などが処方され、治療を続ける場合などがあります。

■恐ろしい性病のひとつ
エイズで手遅れにならないためにすぐ検査
■帯状疱疹や性病のヘルペスにはこの薬が効果的
バルトレックス
■性病などの細菌が原因の病気に感染したらこちらの医薬品がオススメです!
セフィキシム
■性病のひとつであるカンジダでお困りの方はこのサイトをご覧ください
膣カンジダの症状と直し方

ページの先頭へ戻る